〈アナーバー校〉オープンクラスとくるみ割り人形オーディション

今週はウィクソム校はお休みです

秋セメスター(9/3)から再開します

.

アナーバー校は本日水曜日までオープンクラス(有料)を開講しています

秋のクラスは9/3からはじまりますが、その後も体験レッスンは随時受け付けますので、お気軽にお問い合わせ下さい

8/28(水) オープンクラス

バレエ(6‐9歳)5:30-6:30

バレエ(13歳‐大人)6:30-8:00

ポワント(13歳-大人)8:00-8:30

.
 8-29(木) 発表会「くるみ割り人形」オーディション

3-6歳 4:30-5:00

7-11歳 5:00-5:45

12歳以上 5:45-6:45

オープンクラス、オーディションのお申し込みはこちらまで

Eメール arcboffice@gmail.com (英語)

電話(英語)248-826-8181

料金や、お申込み方法、場所など詳細は過去のブログ を参照してください

 

 日本語でのお問い合わせは

arcbmichiganjpn@gmail.com

**日本語でお問い合わせいただけます。オフィスとは別のボランティア運営のため、出欠席などお急ぎの場合は上記のスタジオメールまたは電話番号(テキスト可) までお願いします

 

2回目公演も終了しました!

今年のくるみ割り人形2回目のアナーバー公演無事終演しました!

満席のお客様にみんなの最高のパフォーマンスをお見せすることができたと思います。観にきてくださった皆様ありがとうございました。

熱心に指導してくださった先生方や父兄のボランティア、裏方のクルーの方々に支えられて、堂々と踊った生徒たち、誇らしく思います。レッスンクラスのレベルを超えた交流も増えて、小さいお子さんは、大きなお姉さんを目標に、大きなお姉さんたちは小さい子達に背中を見せられるように、今後のクラスもきっと頑張っていくことでしょう

ボランティアに協力してくださった皆さん、本当におつかれさまでした

さあ、スタジオは春の公演に向けて準備を始めています。年が明けたら、1/11にはオーディション、2月からリハーサルが始まります(※春の公演に参加希望の方は今週中にお申し込みください)

カーテンコールにて挨拶するジェシカ先生とナタリア先生

ARCB版 くるみ割り人形のあらすじ

バレエにはセリフが全くないので、ストーリーがわかりにくいこともしばしば。同じ演目でもバレエ団毎に少しずつストーリーが違うので今日はARCB版のあらすじをご紹介します(※転載はお断りいたします)

1幕

〈プロローグ〉

クリスマスイブの夜、ドイツのある小さな街の街角。スターバウム家のクリスマスパーティに招待されたゲスト達が足早に向かいます。最後にやってきたのがドロッセルマイヤーおじさん、彼はスターバウム家の娘、クララへの特別なプレゼントを持ってきました

〈パーティシーン〉

スターバウム家に集まった人たちがクリスマスの夜を祝い、子供達はクリスマスプレゼントに大興奮。リビングルームで楽しく踊って過ごします。クララと弟のフリッツが大好きなドロッセルマイヤーおじさんはパーティの中心になって子供達に生き生きと踊る人形劇をみせたり、まるで魔法使いのようです。今年のとびきりの目玉はおじさんの自信作のくるみ割り人形です。クララはくるみ割り人形を一目見て気に入り、フリッツはヤキモチを焼いてその人形を壊してしまいます。悲しむクララにおじさんは人形を直してくれました。クララはお友達と一緒にお人形を寝かしつける子守歌を歌います。そろそろパーティもお開きの時間となり、ゲストは家路につきます

〈バトル〉

静かになったリビングルームに子ネズミ達がやってきてウロチョロしはじめました。時計の針が夜中の12時を指すと、ドロッセルマイヤーおじさんの魔法の時間です。寝室からくるみ割り人形を探しにやってきたクララはネズミだらけのリビングルームにびっくり、おじさんの魔法で全てのものに命が宿り、クララはまるで人形のように小さくなってしまいます。ネズミの王様が現れ、くるみ割り人形率いるブリキの兵隊さん達とお菓子の王国の覇権をかけて戦いを繰り広げます。ネズミ軍が優位に戦いを進めますが、クララが投げたスリッパが王様に当たって形勢は逆転、ネズミ軍は逃げていきます。

クララの愛がくるみ割り人形を王子さまに変身させ、クララ自身も美しい女性に姿を変えます。

〈幻想的な雪の森〉

クララに感謝した王子はクララを王国へと招きます。道中の幻想的な雪の森では、雪の女王と雪の妖精が感謝の踊りを披露します。雪のエンジェル達に導かれ、2人はソリに乗ってお菓子の王国への旅を続けます

2幕

〈お菓子の王国〉

お菓子の王国に到着したクララと王子は帰りを今か今かと待ちわびていた宮廷の人々によって歓待されます。クララを皆に紹介する王子。そこにネズミの王様が再び現れついに最後の戦いを迎えます。王子はネズミの王様を倒し、王国の長の印の王冠をクララにプレゼントします。二人を讃えて次々と踊りが披露されます。

チョコレートは情熱的なスペインの踊りを、コーヒーはミステリアスなアラブの踊りを、お茶はハツラツとした中国の踊りを披露します。次はロシアの伝統的な踊り、陽気な音楽に合わせてくるくる回って踊ります。マジパンはフランスの宮廷の優雅な踊りを、マザージンジャーは大きなスカートから13人ものボンボンが飛び出して元気いっぱいに踊ります。

花の雫の精と花の精達は華やかに咲く美しい花のワルツを披露。王子とクララも2人で踊り、クララは夢のようなひと時を王国で過ごします。

けれども明け方に、ネグリジェ姿で自宅のリビングで寝ぼけ眼で目を覚ますクララ。夢か現か不思議な気持ちで、またクララは眠りにつきます

くるみ割り人形 アナーバー公演

ARCB 2018年最後の発表会

第15回くるみ割り人形

12/15(土) 6:30 開演

会場 Michigan Theater (アナーバー)

残席わずかとなりました。チケットはこちらからお求めください→

12/8 公演より

9月から練習してきた今年のくるみ割り人形も今週土曜日に最後の公演となります

スタジオディレクターのジェシカ先生はもう三十数年目のくるみ割り人形だそうです

プロとして毎年ステージで二十公演以上踊ってきたナタリア先生、イヴァン先生にとってはもう500回以上もくるみ割り人形を踊ってきていることになります。すごいですね!

アナーバー公演は歴史ある美しいミシガンシアター が会場となります。

スタジオ所属の生徒のほかに、ロシアパームバレエ団ソリストのイヴァン先生とバレエマニラ所属のプロダンサー石橋沙也果さんが主演をつとめます

さらに オークランド郡ホームスクール合唱隊も共演します

生徒達も1回目の公演を終えて、今週もレッスンにはげんでいます。是非観に来てくださいね

12/8 公演より カーテンコール

日本語お問合せ: arcbmichiganjpn@gmail.com

ARCBホームページ

Facebook

Instagram

最初の公演が終わりました!

8日にWalled Lake Western 高校で行われた1回目のくるみ割り人形公演が終了しました

見に来てくださった皆さん いかがでしたか?楽しんでいただけましたか?

写真は終演直後のみんなの笑顔!

幼児クラスからトレーニー、アダルトクラスの皆さんまで、みんな本当によく頑張りました。舞台の上のみんなの姿はとてもキラキラしていて、素敵でした

ゆっくり休んで、今週末のアナーバー公演に向けて、また頑張りましょう

最後の全体リハーサル

いよいよ、ARCB 第15回のくるみ割り人形公演当日になりました

Walled Lake Western 高校

12/8 (土)6:30 スタート

当日券もありますので、是非足をお運びください

昨晩のリハーサル風景をご紹介します

上の写真はバトルシーン

本番では頭からつま先まで衣装で隠れているくるみ割り人形とキングマウス、ビッグマイスの中の人たちをお見せしちゃいます

ちなみに手前に座っているのはバトルシーンを見守るクララ。何故か膝の上に 小さい子が座っていますね (^ ^)

こちらはスノーシーン。雪の精たちの踊りを必死に真似するスノーエンジェルたちの後ろ姿がかわいい。今日は長丁場になるけど頑張ってね

ひとりひとりが自分の力をステージの上で発揮できますように

それでは、会場で会いましょう!