「白鳥の湖」明日公演です

2月から始まった春公演の長い長いリハーサルも今日のドレスリハーサルで終わり、明日の本番を残すのみとなりました

主演にリッチモンドバレエのイザベラさん、アトランタバレエプリンシパルのニコラスさん、をお迎えしました。そしてイヴァン先生がロットバルトを演じます

明日はシニアの生徒さんにとっては卒業公演でもあります

チケットはまだ間に合いますので、是非足をお運びください。

ARCB & MCB 白鳥の湖 全幕 (The Berman Center Performing Arts ) 5/19(日) 2時開演

チケット https://theberman.org/

長かった2018-19シーズンも終盤ですね。夏セメスターのレッスンの申し込みも始まっています。夏休みは、毎週決まった曜日のレッスンではなく、日付を指定して申し込みできます。フロントのブレンダさんまでお申し込みください

Teacher Appreciation Week

今週はティーチャーアプリシエーションウィークですね

スクールイヤーも終盤になり、学校ではPTA主催で学校の先生やスタッフに感謝の意を伝えましょう、と子どもからメッセージカードや絵を描いて送ったり、父兄から寄付を集めて先生方にケーキなどを振る舞ったりします。

スタジオでも日頃の感謝を込めて、ありがとうを伝えましょう😊

今日は、ARCBの先生方のスナップをご紹介します

レッスン後のイヴァン先生と生徒たち。みんな素敵な笑顔ですね。

実はこの時、先生と一緒に変顔写真をみんなで撮って大爆笑していました。和気あいあい(^^)

コンペティション前の生徒にメイクしているナタリア先生。レッスンだけでなく、長年プリンシパルとして踊った先生の経験を惜しみなく伝えてくれます。

前回の発表会後のジェシカ先生。発表会では裏方に徹して、舞台の袖からステージ全体をくまなくチェックしています

コンペティション前夜の生徒たちとニコライ先生。レッスン中もジョークがどんどん出てくるニコライ先生。先生のジョークに生徒たちの緊張もほぐれます( ◠‿◠ )

先生方に加えて、フロントのブレンダさん、舞台技術監督のケンさん、美術担当のスコットさん、衣装監督のダニエルさん、発表会のバックステージをリードするアナさんジェニファーさん、日本語サポートのケイコさんをはじめとするスタッフ、ボランティア、ご父兄方々に感謝します。みなさんのご理解とご協力に支えられている事を忘れずに是非感謝を伝えましょう。

リハーサルとコンクールと

5月の発表会のリハーサル、そしてリトルシーザーズアリーナでのキャラクターダンスのパフォーマンス、普段のレッスンと忙しく過ごすARCBのダンサー達ですが、

今週末はトレーニーの生徒たちがそれぞれコンペティションに参加しています

デラウェアで行われているNBC (National Ballet Competition) にはMaddieさんが参加しています

YAGP (Youth America Grand Prix) カナダ(トロント)大会には、CharlizeさんとAdrienneさんが参加しています

みんな普段の力を出し切って踊ってきてね

そしてスタジオの生徒達はショーのリハーサルを頑張りましょう!

トゥシューズフィッティング②

ゲイナーミンデンのシューフィッターさんが来てくださって、スタジオでフィッティングしました

お気に入りのシューズ見つかったかな?

ゲイナーミンデンオリジナルバッグをいただきました

タイツやリボンやジェルパッドなどバレエ女子にとっては嬉しいものがいろいろ入ってました😍

さて今月は、春の公演「白鳥の湖」(5月19日)のリハーサルが毎週金曜日にあります。また、一部の上級の生徒達は、アメリカ国内外で行われるコンクールに参加します。1日1日を大切にして今月も乗り切りましょう!

: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

arcbmichiganjpn@gmail.com (日本語お問合せメール)

arcbmichigan@gmail.com(代表メール/英語)

スタジオ代表電話番号: (248) 826-8181

***出欠連絡、緊急、お急ぎの場合はスタジオ代表電話までご連絡ください(テキスト可)

ARCBホームページ

Facebook

Instagram

トゥシューズフィッティング①

少し前になりますが、スタジオでゲイナーミンデンのトゥシューズフィッティングがありました

シューフィッターさんが持ち込んでくださったトゥシューズ

トゥシューズ はメーカーも種類も沢山あって、自分にあったシューズ選びは大切だけど難しいですよね

ゲイナーミンデンのシューズは幅や硬さが沢山あるから、その中でピッタリなシューズを見つけるのはとても難しい

この日は、ナタリア先生、ジェシカ先生も立ち会って的確にアドバイスしてくださったので、一人一人の足にあったシューズ選びができました

ナタリア先生は、普段のレッスンでも生徒一人一人にあったシューズ選びにアドバイスをしてくれます。体も踊りも成長途中の生徒にとっては、技術や表現力の指導だけでなく、靴選びや体のケアまでサポートしてもらえるのはとても重要です

長年パームバレエのプリマバレリーナとして舞台に立ち続け、更にアカデミーの指導者として多くの生徒と向き合ってきた経験を、惜しみなく生徒たちに伝えてくださるナタリア先生。上級クラスの生徒さん達は、そんな先生に全幅の信頼を寄せています

そしてこちらは、トゥシューズを履き始める前の生徒たちとジェシカ先生。憧れのトゥシューズを真近でみて、先生の説明を熱心に聞いています

ARCBではトゥシューズビギナーの生徒さん達には、普段のバレエレッスンとプリポワントクラスで、しっかりと足を鍛えて成長途中の子供達の足に負荷がかかり過ぎないように指導しています

: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

arcbmichiganjpn@gmail.com (日本語お問合せメール)

arcbmichigan@gmail.com(代表メール/英語)

スタジオ代表電話番号: (248) 826-8181

***出欠連絡、緊急、お急ぎの場合はスタジオ代表電話までご連絡ください(テキスト可)

ARCBホームページ

Facebook

Instagram