World Ballet Day ‘19

今年の 世界バレエデイ は10/23です

毎年、フェイスブック、YouTube上で世界中のバレエ団のライブ映像が配信されるバレエファン必見のイベント

家にいながら、世界中のカンパニーのリハーサルやクラスの様子を見ることができます。群舞のリハーサルもあればパドドゥやパドトロワをバレエマスターやミストレスが指導する様子を見ることができます

今はまだ、

英国ロイヤルバレエ団

オーストラリアバレエ団

ボリショイバレエ団

の参加しか発表されていませんが、今年も世界中のカンパニーが参加するようです。なかなかスケジュールが発表されないので、ちょっと検索したら、それぞれのカンパニーが参加を表明していました

•ウィーン国立バレエ バランシン「ジュエルズ」のリハーサル

•ミラノ・スカラ座バレエ団

•韓国国立バレエ

•シンガポールダンスシアター

など

楽しみですね!!!

***追記

スケジュールが追加されていました

細かい字で読みにくく、全て現地時間なのでややこしいですが、カッコ内のUTC(世界標準時)の数字にミシガンならプラス5時間、日本ならマイナス9時間の時間に見ることができます

地域情報サイトに紹介されました

先日、アナーバーの地域情報サイトにARCBアナーバー校開校が紹介されました(写真から記事にリンクします)

ARCBのジェシカ先生、ニコライ先生のインタビュー記事です

少し記事を抜粋してご紹介します

“ジェシカ先生はアナーバーで育ちました。そして(14歳で)プロのバレリーナになりたいと、より高いレベルのトレーニングを受けるためにアナーバーを離れました。その後、フロリダのサラソタバレエでバレリーナとして働いた後、バレエスクールをミシガンにつくることを決意しました。(中略)「私が14歳で親もとを離れたように、より高いレベルでバレエを学ぶには親もとを離れなくてはいけない、そういう状況は家族にも本人にも負担が大きいことを私は知っています。だからこそ、ミシガンに高いレベルのバレエ学校を作りたかった。I96(主要高速道路)に近いウィクソムにARCBを開校したのも、遠くから通うにも便利な場所だったからです。州内のグランラピッツだけでなく、カナダやオハイオ州から通う生徒もいました。」”

“「子供クラスの75から80パーセントの生徒はインターナショナルなんです」とジェシカ先生。「レッスン室に入ると多くの子供たちは英語と母国語の二か国語を話すんです。小さいうちから異なる文化に触れることができて、とても素晴らしい経験になります」”

“元プリンシパルのニコライ先生は、ロシアで生まれ、ボリショイ劇場の芸術監督、ユーリグリゴローヴィチ先生の指導を受け、ボリショイ劇場で8年踊りました。そして、現在はロシアの国家資格であるバレエ教師資格を取得するために、学んでいます。(ロシアでは舞踊の指導者は国家資格が必要)ペルミバレエ出身で長年プロとして活躍してきたナタリア先生、イヴァン先生も国家資格を取得しています。(中略)「ロシア人はこわい」という印象があると思いますが、私達は親しみやすい学校です。生徒や保護者の皆さんとのコミュニケーションを大切にしています。(中略)進路について考える中学生くらいから、生徒一人一人のゴール、進路について話し、最適な進路に向かっていけるように最高のプログラムを本人、家族と共有していきます。”

このほかにもキャラクターやコンテンポラリーなど多彩なクラスを提供することでオールラウンドなダンサーになってもらいたいこと、プロのバレエ団を作りたいという思いなどが紹介されています

ウィクソムエリアで16年、そして今後アナーバーエリアでの歴史も加わって、よりよいバレエ学校に進化していこうという、先生達の熱い思いが伝わる記事でした

ニコライ先生おめでとうございます

嬉しいニュースがあります!

ARCBのニコライ先生が、ボリショイバレエアカデミー(モスクワ国立舞踊アカデミー)に入学します

ロシアのバレエ教師資格(教授法と振付課程)を学ぶことになりました

ボリショイバレエアカデミーといえばロシアでも最も権威があるアカデミーです。おめでとうございます!

今後2年間、基本的にはARCBで指導して、各セメスターに2週間ずつロシアに渡ることになります。ニコライ先生が不在時は、代行講師によるクラスを予定しています

この貴重な経験で、多くのことを学び、みなさんにお伝えしたいと先生も張り切っています

是非応援お願いします\(^^)/

白鳥の湖 ドレスリハーサル

いよいよ春公演まで2週間を切りました

ARCB & MCB 『白鳥の湖 全幕』

5/19 (日)2時開演

The Bergman Center performing Arts にて

(上記リンクの劇場ホームページよりチケット購入できます)

*

古典バレエの中でも、チャイコフスキーの名作として人気の演目である「白鳥の湖」

見どころは、、、ひとつに絞りきれません💦見どころいっぱいです

主役のオデット/オディールの一人二役の演じ分けとしなやかで高いテクニック、群舞の揃った踊りの美しさ、悪魔ロットバルトの迫力のあるアクト、王子の心変わりにハラハラドキドキ…

主役のヴァリエーション以外にも、有名すぎる四羽の白鳥やパドトロワなど、そしてちびっ子ダンサーの可愛らしい踊り。見どころだらけの演目に挑戦します

*

先週末のドレスリハーサルからのオフショットです

リハーサルがどんなに大変でも、衣装を着るとテンション上がってしまうダンサー達。いい笑顔ですね

今週はヘアメイク道具やタイツやシューズなどの持ち物のダブルチェックして、忘れ物のないようにね!

裏方のボランティアの方々は、急ピッチで衣装の準備中です。皆さんありがとうございます

*

主役 王子役はアトランタバレエのプリンシパルNIKOLAS GAIFULLINさん

オデット/オディール役は リッチモンドバレエのIzabella Marietta Tokev さん

悪魔ロットバルト役は ロシア国立パームバレエソリストのイヴァン先生

女王役は ロシア国立パームバレエ プリンシパルのナタリア先生がつとめます

*

本番まであと少し、生徒にとってはプロのダンサーと一緒にクラスを受けたり、リハーサルを真近で見る事で、たくさん学べる良い機会です

みんな 本番まであと少し頑張ってね

*

arcbmichiganjpn@gmail.com (日本語お問合せメール)

arcbmichigan@gmail.com(代表メール/英語)

スタジオ代表電話番号: (248) 826-8181

***出欠連絡、緊急、お急ぎの場合はスタジオ代表電話までご連絡ください(テキスト可)

ホームページ/SNSはこちら↓

ARCBホームページ

Facebook

Instagram

2回目公演も終了しました!

今年のくるみ割り人形2回目のアナーバー公演無事終演しました!

満席のお客様にみんなの最高のパフォーマンスをお見せすることができたと思います。観にきてくださった皆様ありがとうございました。

熱心に指導してくださった先生方や父兄のボランティア、裏方のクルーの方々に支えられて、堂々と踊った生徒たち、誇らしく思います。レッスンクラスのレベルを超えた交流も増えて、小さいお子さんは、大きなお姉さんを目標に、大きなお姉さんたちは小さい子達に背中を見せられるように、今後のクラスもきっと頑張っていくことでしょう

ボランティアに協力してくださった皆さん、本当におつかれさまでした

さあ、スタジオは春の公演に向けて準備を始めています。年が明けたら、1/11にはオーディション、2月からリハーサルが始まります(※春の公演に参加希望の方は今週中にお申し込みください)

カーテンコールにて挨拶するジェシカ先生とナタリア先生

最初の公演が終わりました!

8日にWalled Lake Western 高校で行われた1回目のくるみ割り人形公演が終了しました

見に来てくださった皆さん いかがでしたか?楽しんでいただけましたか?

写真は終演直後のみんなの笑顔!

幼児クラスからトレーニー、アダルトクラスの皆さんまで、みんな本当によく頑張りました。舞台の上のみんなの姿はとてもキラキラしていて、素敵でした

ゆっくり休んで、今週末のアナーバー公演に向けて、また頑張りましょう