「白鳥の湖」公演チケット販売中です

ARCB 春の定期公演 「白鳥の湖 全幕」

5/19 (日) 2時開演

Berman Center for the Performing Arts にて

(6600 W Maple Road, West Bloomfield 248.661.1900)

現在チケット販売中です。ご購入はこちらからどうぞ👇

https://theberman.org/

〈ご購入の手順〉

①リンクのメニューから” Now on sale ” を選択

②スクロールして「Swan Lake 」(ABC順)を選択

③ “Purchase ” を選択し、座席を選ぶ

(座席選択画面は左右にスクロールできます)

④ チケット選択後、”Continue ” から次画面に進む

チケットのカテゴリー→ “Continue”でログイン画面に進みます

ログイン/アカウント作成して、支払い画面に進みます(カード決済)

“当日窓口受け取り”と“ご自宅配達(※手数料50セント)” とがあります

リハーサルとコンクールと

5月の発表会のリハーサル、そしてリトルシーザーズアリーナでのキャラクターダンスのパフォーマンス、普段のレッスンと忙しく過ごすARCBのダンサー達ですが、

今週末はトレーニーの生徒たちがそれぞれコンペティションに参加しています

デラウェアで行われているNBC (National Ballet Competition) にはMaddieさんが参加しています

YAGP (Youth America Grand Prix) カナダ(トロント)大会には、CharlizeさんとAdrienneさんが参加しています

みんな普段の力を出し切って踊ってきてね

そしてスタジオの生徒達はショーのリハーサルを頑張りましょう!

ポットラックとペアレントミーティング

今週末はARCBはミッドウィンター休みです

休み後は、発表会やコンクールのリハーサルなど目白押しなので、しっかり体を休めてくださいね!月曜日25日からレッスンは再開します

先日は、春の発表会に向けてのペアレントミーティングとポットラックパーティがありました

2019春の公演は「白鳥の湖」です!王子とオデット/オディールはゲストダンサーをお招きします。キャストも決まり、リハーサルも本格的に始まりました

さて、ポットラックでは国際色豊かなARCBママたちの自慢のお料理が並びました!ペアレント達の親睦と、子ども達の親睦を兼ねたポットラックパーティ。発表会に向けてスタートするための欠かせない恒例行事となりましたね

ミーティングでは発表会ボランティアなどの説明、登録がありました

ARCBでは、定期公演は 事前の衣装合わせや、ポスター貼り、当日のバックステージお手伝いなど、ご家族のボランティアをお願いしています。皆さんの得意を生かして参加していただき、不公平、負担の無いようにサポートをお願いしていますので、ご協力をよろしくお願いします

日本人の方の中には「英語が苦手なので発表会のボランティアは大変そう」という方もいらっしゃると思います。ディレクターのジェシカ先生をはじめ、ARCB の父兄の皆さんは、日本人だけでなく、英語が母国語でない方達に対しても理解がありますので、あまり不安にならずに、一緒に公演をサポートしましょう

また、ARCBには、日本語で交流できるFacebookのプライベートグループがあります。スタジオに通われている方なら、どなたでもメンバーになれます。わからないことを気軽に日本語で質問したり、ご活用ください。(グループ参加については日本語メール、またはジェシカ先生におたずねください)

: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

arcbmichiganjpn@gmail.com (日本語お問合せメール)

arcbmichigan@gmail.com(代表メール/英語)

スタジオ代表電話番号: (248) 826-8181

***出欠連絡、緊急、お急ぎの場合はスタジオ代表電話までご連絡ください(テキスト可)

ARCBホームページ

Facebook

Instagram

春のセメスタースタート

あけましておめでとうございます

クリスマス&お正月休みはいかがお過ごしでしたか?

明日7日月曜日から春のセメスターがスタートします。みなさんが元気にスタジオに来てくれるのを楽しみにしています!

春のセッションは夏休み前までありますので、欠席する場合は春のセメスター内に振替可能です。(レッスンを欠席する場合はスタジオ電話番号 248-826-8181 までテキストメール または留守電メッセージにてご連絡ください)

そして今週末には、春の発表会のオーディションがあります(事前の申し込みが必要です)

〈春の発表会オーディション〉

1/11 (金)

5:00-5:30 3歳から9歳

5:30-6:30 (10歳以上)

日本語お問合せ: arcbmichiganjpn@gmail.com

ARCBホームページ

Facebook

Instagram

2回目公演も終了しました!

今年のくるみ割り人形2回目のアナーバー公演無事終演しました!

満席のお客様にみんなの最高のパフォーマンスをお見せすることができたと思います。観にきてくださった皆様ありがとうございました。

熱心に指導してくださった先生方や父兄のボランティア、裏方のクルーの方々に支えられて、堂々と踊った生徒たち、誇らしく思います。レッスンクラスのレベルを超えた交流も増えて、小さいお子さんは、大きなお姉さんを目標に、大きなお姉さんたちは小さい子達に背中を見せられるように、今後のクラスもきっと頑張っていくことでしょう

ボランティアに協力してくださった皆さん、本当におつかれさまでした

さあ、スタジオは春の公演に向けて準備を始めています。年が明けたら、1/11にはオーディション、2月からリハーサルが始まります(※春の公演に参加希望の方は今週中にお申し込みください)

カーテンコールにて挨拶するジェシカ先生とナタリア先生

ARCB版 くるみ割り人形のあらすじ

バレエにはセリフが全くないので、ストーリーがわかりにくいこともしばしば。同じ演目でもバレエ団毎に少しずつストーリーが違うので今日はARCB版のあらすじをご紹介します(※転載はお断りいたします)

1幕

〈プロローグ〉

クリスマスイブの夜、ドイツのある小さな街の街角。スターバウム家のクリスマスパーティに招待されたゲスト達が足早に向かいます。最後にやってきたのがドロッセルマイヤーおじさん、彼はスターバウム家の娘、クララへの特別なプレゼントを持ってきました

〈パーティシーン〉

スターバウム家に集まった人たちがクリスマスの夜を祝い、子供達はクリスマスプレゼントに大興奮。リビングルームで楽しく踊って過ごします。クララと弟のフリッツが大好きなドロッセルマイヤーおじさんはパーティの中心になって子供達に生き生きと踊る人形劇をみせたり、まるで魔法使いのようです。今年のとびきりの目玉はおじさんの自信作のくるみ割り人形です。クララはくるみ割り人形を一目見て気に入り、フリッツはヤキモチを焼いてその人形を壊してしまいます。悲しむクララにおじさんは人形を直してくれました。クララはお友達と一緒にお人形を寝かしつける子守歌を歌います。そろそろパーティもお開きの時間となり、ゲストは家路につきます

〈バトル〉

静かになったリビングルームに子ネズミ達がやってきてウロチョロしはじめました。時計の針が夜中の12時を指すと、ドロッセルマイヤーおじさんの魔法の時間です。寝室からくるみ割り人形を探しにやってきたクララはネズミだらけのリビングルームにびっくり、おじさんの魔法で全てのものに命が宿り、クララはまるで人形のように小さくなってしまいます。ネズミの王様が現れ、くるみ割り人形率いるブリキの兵隊さん達とお菓子の王国の覇権をかけて戦いを繰り広げます。ネズミ軍が優位に戦いを進めますが、クララが投げたスリッパが王様に当たって形勢は逆転、ネズミ軍は逃げていきます。

クララの愛がくるみ割り人形を王子さまに変身させ、クララ自身も美しい女性に姿を変えます。

〈幻想的な雪の森〉

クララに感謝した王子はクララを王国へと招きます。道中の幻想的な雪の森では、雪の女王と雪の妖精が感謝の踊りを披露します。雪のエンジェル達に導かれ、2人はソリに乗ってお菓子の王国への旅を続けます

2幕

〈お菓子の王国〉

お菓子の王国に到着したクララと王子は帰りを今か今かと待ちわびていた宮廷の人々によって歓待されます。クララを皆に紹介する王子。そこにネズミの王様が再び現れついに最後の戦いを迎えます。王子はネズミの王様を倒し、王国の長の印の王冠をクララにプレゼントします。二人を讃えて次々と踊りが披露されます。

チョコレートは情熱的なスペインの踊りを、コーヒーはミステリアスなアラブの踊りを、お茶はハツラツとした中国の踊りを披露します。次はロシアの伝統的な踊り、陽気な音楽に合わせてくるくる回って踊ります。マジパンはフランスの宮廷の優雅な踊りを、マザージンジャーは大きなスカートから13人ものボンボンが飛び出して元気いっぱいに踊ります。

花の雫の精と花の精達は華やかに咲く美しい花のワルツを披露。王子とクララも2人で踊り、クララは夢のようなひと時を王国で過ごします。

けれども明け方に、ネグリジェ姿で自宅のリビングで寝ぼけ眼で目を覚ますクララ。夢か現か不思議な気持ちで、またクララは眠りにつきます