ロシアバレエを知るための用語集<入門編>

ARCBはAcademy of Russian Classical Ballet が正式名称です。ロシア流バレエ学校ですね。ジェシカ先生はワシントンDCにあるキーロフアカデミーの出身ですし、ニコライ先生、イヴァン先生、ナタリア先生はロシアのご出身です。

ということで突然ですが、スタジオで良く聞くロシアバレエ用語をちょっとまとめてみようと思います。(私が素人なので入門編の用語ばかりですが…)

Vaganova methodワガノワメソッド>20世紀前半に活躍したバレエダンサーでバレエ教師のアグリッピナ・ワガノワが実践し、確立したバレエ教授法。茶道や華道でいうところの流派です。メソッドによって動きの名前が違ったり、教え方が違うことがあるようです。ちなみに日本ではワガノワメソッドを取り入れている教室が多いそうです

Mariinsky Balletマリインスキーバレエ>ロシア、サンクトペテルブルクにあるマリインスキー劇場を拠点とするバレエ団。ロシア帝国時代の宮廷バレエを起源としている。ソビエト連邦時代にはキーロフバレエと改称され、ソ連崩壊後はマリインスキーと改名した。マリインスキー出身のダンサーは世界中で振付師や監督として活躍している。ジョージバランシンはアメリカ、ニューヨークシティバレエ団を設立しアメリカバレエ界の礎を築いたといえる。ニコライ先生の恩師、ユーリーグリゴローヴィチさんもマリインスキー出身。

Kirov Academy of Balletキーロフバレエ学校>アメリカ、ワシントンD.Cにあるバレエ学校

Bolshoi Balletボリショイバレエ>ロシア、モスクワのボリショイ劇場を拠点とするバレエ団。ニコライ先生の恩師、Yury Grigorovich氏がバレエマスターをつとめている

<Bolshoi Ballet Academy ボリショイバレエアカデミー>ロシアモスクワにあるバレエ学校、または提携してコネチカット、ニューヨークで行われる、サマーインテンシブを指す

Mikhailovsky Theatreミハイロフスキー劇場>ロシア、サンクトペテルブルクにある、オペラ、バレエ専用劇場。日本では、ソ連時代のレニングラード国立バレエの名前が有名。

Perm Opera Ballet Theatre パームオペラバレエ劇場>イヴァン先生、ナタリア先生の所属するバレエ団。第二次大戦中にサンクトペテルブルクから、マリインスキーバレエとワガノワバレエ学校が疎開してできたのがルーツ。なのでワガノワ直系のバレエ学校と言える。地方にあるバレエ団ではあるが、ロシアを代表するバレエ団でありチャイコフスキー作品からバランシン作品までレパートリーも豊富。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中